スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にゃんこはうす写真展

ちゃんたくん(&仲間たち)が応援している被災猫保護の活動。

被災猫保護活動の記録、写真展が岡山で開催されます。

17298679_1663284293_243large.jpg

さっそく近所の動物病院へポスターを貼ってくださるようにお願いしました。

いつも寡黙で少し怖い感じの院長先生が

「なかなか里親探しも難しいでしょうが頑張ってくださいね、応援しています。」

と言ってくださって嬉しかったです。

17298679_1663284298_216large.jpg

ぜひ足を運んでみてください。
スポンサーサイト

娘からの電話 (追記あり)

遊びに行っている娘(小5)から電話。

娘 「エミリー(娘の友人)が家の近所で子猫が捨てられてるって言ってるの。見つけたら持って帰るけどいい?」

って・・・。

私 「どんな状態で捨てられてるの?どのくらいの大きさなの?」

娘 「(そばにいるエミリーに問う) わかんないけど私の頭くらいの大きさだって?。」

・・・それって子猫じゃないのでは?

私 「いつも言ってるけど?」

続きを言おうとすると

娘 「ハイハイハイハイ(私の言葉を遮りながら)。こないだのぽっちゃんみたいに小さくて弱ってて病気っぽい子ならいいんでしょ。」

娘 「そんで元気な成猫は無理で死にそうな中猫だったらよくって 子猫でも元気で走って捕まえるような子は保護しないんよね?」

私 「(わかってんじゃん・・・。ブツブツ・・・。)判断は君に任せる。」

娘 「わかった。どうなったかはまた電話するー。」

こんな会話をしました。娘が猫好きだと知って娘の交友関係でも猫をもらってくれないかとかそういう話は来る。娘も捨て猫がいたとかそういう話には敏感で 自分から頭を突っ込んでいる気がしないでもないけど。まぁでも子ども同士の情報ほど当てにならないものはない。猫を飼ったことのない大人もまた然り。

生後2カ月くらいの子が捨てられてる・・・という話を聞き写真を見るとまだ目が開いたばかりの乳飲み子だったり その逆で 小さい子猫が病気で行き倒れている・・・大きさを聞くと成猫サイズだったり。まぁ それは仕方ないかなって思う。

なので今回の話も元気な中猫であることを祈ろう。

保護をするしないは自分ちのキャパや現在いる猫の状態や経済事情そいうったものが密接に関係してくると思う。それに加えて野良のすべてが不幸だと私は思っていない。もちろん病気になる確率や事故、飢餓など家猫より数十倍のリスクはあることは承知している。それでも我が家の半ば飽和状態と化している猫さまたちを見ていると今 弱っている子猫でない限りは私は受け入れることはできない。

子どもたちが独立して部屋もあまり 私たちがもうちょっとゆとりある生活をできるようになったら その時はまた考えを改める時かもしれないなと思う。

みぃちゃん(夫)が私によく言う。

「オレ達が今しなきゃいけないのは まず子どもたちをちゃんと育てること。そのあとに生活や趣味がある。」 

要約するとこんなことだと思う。

「これ以上猫を飼うこともたくさんの命を救うことも 子ども育てることに支障が出るなら今はしなくていい。その代わり子どもが独立したら みやしおのしたいようにしたらいい。」

多分 ぽっけを保護したこととショコの医療費が思った以上にかさんでいることを受けての発言であると思う。ごもっとも、ごもっとも過ぎて返す言葉がないみやしおでした。しかしながらぽっけの置かれていた状況を見たら 間違いなくみぃちゃんだって保護したでしょうと詰め寄ると

「したかもね。したかもしれないけど オレは落ちてる段ボールは見ないから。」

でもでもでもでもぽっけは幸せになったよね。保護して良かったよね。と言うと

「うん。」 と頷いた。我が家の家計を握っているのはみぃちゃんだ。そして一番節約をしているのもみぃちゃんだ。おまけに自分はほしいものを我慢して家族が幸せならオレはそれでいいと言うみぃちゃんだ。

品行方正な夫をもつとやさぐれた妻は行き場をなくします。

さて娘は猫を連れて帰ってくるでしょうか。

続きを読む

しばし

夏だ!暑いぞ。

ってことでしばらく更新ストップ!!

pcの前にゆっくり座って文章考える余裕なんて

なかなかないです?!

またしばらくしたら遊びに来てくださいね。

新しいキャットタワーほしい

ねこねこマンション完売の図。



なぜか長毛族に大人気なキャットタワー。

もう購入して5年以上になる。

ぼろぼろだし汚れてるし買い替えたいところ。

買った時はこんなにきれいだったはずなのにねー。















まぁあの頃は猫さまもお2人さまだったからね。

次は一生ものにしようよ?とみぃちゃんに相談中。















壁一面にこれでもいいなぁ?↓

▲セール!ボンビ【キャットウォーク】

▲セール!ボンビ【キャットウォーク】

価格:26,250円(税込、送料込)















でも今あるおんぼろキャットタワーが壊れているわけではないので みぃちゃんの頭に買い替えというワードはない。

今日は

ずいぶん前にネットで予約した crocband。ようやく届きました。息子(小6)好みのカエルライム色ってば派手。ワタシ的にはあんまりアレな色だけど緑を愛する彼のことだから 気に入るはず。もう6年生だもん、母のおしつけじゃダメなわけよ。まぁ 気にいったのが一番さ。



ショコちゃん(サビ)にピント合わせたはずなのにクロックスに合ってる、なぜ。全然使いこなせないデジ一。THE・宝の持ち腐れ。

クロックスの届いた箱に入ったショコちゃんを見つめるせぃちゃん(長猫兄)。



フクロウみたいにかわいい。

そしてメタボっぷりに磨きがかかっているくぅ(黒1)。くぅちゃんは何をどんなにしても怒らないので もう毎日むさぼりついちゃうワタシ。



そして我が家の7猫の中での一番の賢い子。本当は猫じゃなくて犬なんじゃないかと思ってる、おんぴゅー(黒2)。フローリングで寝るようになったら冬が終わって夏が来るって証拠さね。そういえば今年は春がなかったね。



んでもって、どうでもいい写真。机の下に転がっていた息子の消しゴム。6年生になった息子だが消しゴムをぶっ刺すのはまだやめられないらしい。



そう、息子にはやめられないものがたくさんなのだ。石があったら投げてしまう。紐があったら振り回してしまう。用水路に獲物を見つけたら飛び込んでしまう。1人1個だよと言わないと高級なお菓子でも何個もつまんでしまう。そしてお菓子事件はみやしおに毎回こっぴどく叱られるのだ。昨日はとっておきの伯方の塩・純生大福(お取り寄せ)を二つも食べていたし、花畑牧場の生キャラメルも1日で8つも食ったこともあった。

はっ!どうでもいい写真からこんなにも話が飛び火してしもうた。

最後に今日作った角食。ホワイトラインって何ですか?的な仕上がりだが大食漢息子の胃袋にはそんなの関係ございません。



でも近々リベンジするもん。
プロフィール

みやしお

Author:みやしお
生き物と過ごす毎日をつづっています。
猫7犬1ウサギ2鳥4亀魚虫他と
人間たちの家族です。

ブログ別館
″生き物だけじゃない人生″もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。