スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫と鳥の関係とケージ

くっくん(黒1)は夜は1階で寝る派です。
ショコ(サビ)が生きていた時はショコとずっと一緒に寝ていたけど
今は一人なので寂しかったり寒かったりするだろうと思い
例年より早めではありますがソフトあんかを出してあげました。

ソファの手すりの上に猫さまベッドごと乗せましたが安定しなかったみたいで
どんどん雪崩れてきてしまっています(笑)。

014dfr (2)

相変わらず穏やかで優しいくっくん。
目が合うと一瞬でぐるぐる星人になり甘えん坊してくる。

014dfr (3)

新しくインコのモリ(セキセイ)を迎えて猫さまたち大丈夫かなぁと
思っていたけど(精神面)やっぱり私にべったりなペコ(長猫兄)が
静かに怒りをあらわし体調を崩したので様子を見ていました。

モリモリが我が家へ来て18日。
ここへきてペコがようやく落ち着いたのでめでたしめでたし。

さてここで鳥と猫の関係を書いてみたいと思います。

鳥を迎えるにあたって一番心配だったのは猫が鳥を狙わないかということ。
もちろんモリモリを人間の監視なく放鳥させて猫と同居させているわけではないし
猫が手をちょいちょい出そうとすると叱るといったことを前提としてのお話です。

モリモリが我が家へ来てまだ挿し餌だったので甘え鳴きしていました。
セキセイ独特の「ピョロロロロ~♪」という声です。
その声に猫たちが驚いて近くには来れませんでした。

ゆいいつ 穏やか黒黒達だけそばに来て見つめていました。
でも不測の事態に備えて娘(中1)もスタンバッてました。

挿し餌時期も後半になったころようやくそんな鳴き声に慣れた猫たち。

003dss (9)

モリがいたキャリーの中をのぞくようになりました。
そしてまた次の段階に進みます。
モリが羽ばたきはじめました。

羽ばたくと急に猫たちが手を出してみたいという衝動に駆られたようです。
この頃からモリモリのケージの置き場所や人間がいない時に
どうやって留守番させようかとみぃちゃん(夫)と話し合っていました。

インコの飼い方さえそんなに詳しいわけでもなく
ケージを二つ買って日中は1階のケージに、寝る時は息子(中2)の部屋のケージに
入ってもらえばいいかと安易に考えていました。

しかし色々な方のブログを読んで驚きました。
インコって環境が変わることを嫌がるようなんです。

新しいおもちゃを怖がったり発情対策に毎日ケージの位置を変えて風景を変えたり
しているのを知って二つのケージを用意するのはやめようと思いました。

放鳥はもちろん息子の部屋でするようにしています。
彼の部屋は万年大きなパズル製作中なので猫は入れないようにしています。
息子も親が部屋に入るのを嫌がらないしむしろたまに
「遊びに来てよ。」と招き入れる人であります。

娘の部屋は猫を保護した時用に空けておきたいし
彼女自身 夜は猫と寝るのでダメですしね。

ということでこれからの鳥と猫の生活は定期的につづっていきたいと思います。
私自身 模索中ですし間違ったことを書くかもしれません。
そして猫と鳥の性格や個々の相性も密接にかかわってくることでしょう。
なので鳥と猫を一緒に飼うことを推奨しているわけではありません。
各々の判断と責任でお願いします。
こんな1例もあるんだなと知っていただけたらと思います。

本日新たにカテゴリを増やしました。
ブログ引っ越しの際におかしくなったカテゴリの修正がまだ終わっていないのにですけど。

「猫と鳥の関係」です。

モリモリのケージなんですが欲しいものがあって入荷待ちなんですが
大きさを迷っています。
お友達を迎えるなら大きい方がいいかと。
しかし異種だった場合はケージも別の方がいいかも・・・。
雌雄の場合でもまた違った対策がいるかもしれないし。

候補としてはモリモリおひとりさまの場合ビジョンS01もしくはS02
おふたりさまならS02を考えています。

異種を迎えるならケージ2棟立てを念頭に置きビジョンSシリーズを並べる予定。
これだったらヒーターの外付けをすれば2棟同時に暖められるのではないかという
あわよくば的な考えから成り立っています(笑)。

でも縦にそびえたつより横長の物を上下におくという手もあります。
しかしそうなるとヒーターはそれぞれに必要にはなりますが。

ビジョンのM01もしくはL01になります。
ヒーターの節約を考えると並べておきたいのですが
さすがにL01を二つ並べる場所はないですわな。

でも万が一 猫が手を出した場合逃げれる場所はあった方がいいと考えています。
大は小を兼ねるとは言いますが鳥にとってはどうなんでしょう。
こじんまりとした方が落ち着くのかケージ内でたくさん移動できる方がいいのか。

現在1羽飼いとしては大きめケージ(フェレットケージ)にいるモリモリ。
アクティブに動いているとはいえデッドスペースはあるわけで。

ビジョンのケージの網編みの隙間も実際見てみないと何とも言えないですね。
猫の手が入るほどの幅なのかとか。
こないだ倉敷のショップに実物が置いてあったので
また見に行こうっと!

猫と鳥を一緒に飼っている人はケージの上からさらにアクリルケースで
覆っている人もいますよね。
日中私が1階にいることを考えると1階にケージを常設していた方が
モリも寂しくないだろうなぁとも考えています。
(何度も言いますが放鳥は2階の息子の部屋で!です。)

側面と上面だけプラダンで覆うものいいかもしれませんね。
またしばらく考えたいと思います。

ちなみにトリオコーポレーションのビジョンの鳥かご一覧はこちらです()。
スポンサーサイト
プロフィール

みやしお

Author:みやしお
生き物と過ごす毎日をつづっています。
猫7犬1ウサギ2鳥4亀魚虫他と
人間たちの家族です。

ブログ別館
″生き物だけじゃない人生″もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。