スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扇風機が涼しいことを知っている

洗濯物を畳んでいたら急に風がやんだ。

犯猫はこのにゃんだった。

くっくん(黒1)・・・。

006dfn (1)

冬のファンヒーターもさることながら
夏の扇風機の効能まで知っているとは・・・天才じゃな。

006dfn (2)

ごく一般的に猫は風を一身に受けるのは嫌がる子が多い。
そして扇風機が涼しいと知っている猫はあんまりいないはず。

006dfn (3)

賢いんだな、くっくんは。
そのうち人語を話すんだろうな、きっと。
スポンサーサイト

くっくんは境界線

2階に上がったら勉強するふりをして漫画を読んでいる人間の子どもたち。

みぃちゃん(夫)に しこたま怒られ1階で勉強することになった。
これからずっと1階で勉強するらしい(宿題も)。
どちらかが勉強している際はTVも音楽も禁止・・・。

私はこの時間いったい何をすればいいのか。
テスト期間なんて拷問じゃない?私にとって。
まぁ本を読んでいるんですけどね、でもずっとってねぇ(あきらめ悪し)。

ってことで早速この机で宿題を始めた息子(中2)と娘(中1)。
このブログではあんまり触れてこなかったけど 年子2人 ものすごく仲が悪い。

隣に座って体の一部が触れようもんなら「こっち来るなー!」でケンカに発展。
もちろん兄妹なので仲のいい時もあるんですけど 基本気が合わないようです。

そんな兄妹の性質を知ってか知らずか今日はくっくん(黒1)が間に入ってくれてます。

020dty.jpg

でっぷりと、堂々と。

021dry.jpg

あ、くっくんの後ろから延びる不思議な線見えますね。

023dtyj.jpg

これは仲の悪い兄妹がここから絶対にはみ出してはならないという境界線なのです。

マステで貼ってあるのですが 本当はどうでもいいはずなのに
妹がピンクを選んだら 兄がそんな色 気分が悪くなるわと言い
兄が緑を選んだら 妹がお前の好きな色なんか選ばせるかと言い
どっちでもいいわー!怒った私が一番余っている色の中からチョイスしました。
あ、ホントにどーでもいー話ですけど。

022jjy.jpg

今のところ境界線の上のかわいいくっくんのおかげで
ケンカせずに真面目に取り組んでいるようです。

028dykijy.jpg
 
くっくん ありがとう。

黒い猫たち

肩組まれてるおんちゃん(黒2)。もちろん黒いその手はくっくん(黒1)。

010aaa.jpg

あれ、でもくっくんの手は前にちゃんとあるわ。

ってことはー

012aaa.jpg

やっぱり!足でした。

011aaa.jpg

私だったら「足のせるなー!ダー!!!」ってなっちゃうけど

猫さまは心が広いのでした。

あ、でも猫さまに足をのせられたら

「ママの上にあんよのせてくれるん?いいこだねー。」って

もう意味分かんないような語りかけしちゃうけど。

猫の足って幸せを運んでくれるアイテムなんですね。

004smmm.jpg

にしても黒黒さんたちって年々 おやじっぽくなってきてます。

それもまた味です。

そしてウマイです。

くっくん

おんぴゅ(黒1)が至近距離でくしゃみするので その恩恵にあずかるくっくん(黒2)。

あ、違った恩恵じゃなくて迷惑こうむるです。

017smwr.jpg

体には鼻血を飛ばされ

019swmmr.jpg

顔には自分で飛ばしちゃった的な鼻水が!

もちろん飛ばしたのはくっくんじゃなくおんぴゅです。

018mswr.jpg

でもその後 申し訳ないと思ったのかみんなでグルーミングタイム。

020smwr.jpg

ここで驚いたのが久々のショコのグルーミング。

今までは口内炎がひどく自分の体さえなめれなかったのですが

最近はお薬のおかげで鎮静化しているようで  

くっくんのこともたまになめてくれるようになりました。

022swmr.jpg

黒黒サビは本当に仲良しです。

くっくんも幸せいっぱい。

くっくんが保父さんとしてショコもおんぴゅも面倒みてくれたもんね。

みんなくっくんが大好きだよ。

014swmr.jpg

くっくんのこの顔見るとたまんねーよー。

016swmr.jpg

みやしお家の性格ヨシ男No.1は間違いなくくっくんでしょう。

覚書・最近のくっくんのあだ名⇒くつくん

ヒーター命

マイラブリーラブリーくっくん(黒1)はみやしお家で一番の寒がりである。

ファンヒーターやストーブが大好きで愛してやまない。

ファンヒーターの温風の向きを人間がわにセットしていても 急に寒くなることがある。

温風を遮る何かが私とファンヒーターの間に急に現れるのだ。

063swu.jpg

それはくっくん。

上から見たらファンヒーターとの間にほとんど隙間がない。

064swu.jpg

温風の恩恵を全て くっくんが受けている。

「くっくん燃えるんじゃね?」「もう焦げてるから。」「焦げてるからあの色か。」

そんな会話が人間達の間で交わされる。

でもノンディ(長猫白)の焦げ事件←クリックがあったのでジョークで終わらない。

時々 人間がファンヒーターとくっくんを引き離す作戦(本当はただヒーターを取り返したいだけ)や

熱くなった毛皮をさすってあげたりとかしたりもしてるんだけど

当の本猫はいたってマイペースで自分で熱さを調節している模様。

065swu.jpg

左が熱くなったので今度は背中。

066swu.jpg

背中が熱くなったので今度は右側。

044swu.jpg

天才じゃわ、くっくん。
プロフィール

みやしお

Author:みやしお
生き物と過ごす毎日をつづっています。
猫7犬1ウサギ2鳥4亀魚虫他と
人間たちの家族です。

ブログ別館
″生き物だけじゃない人生″もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。