スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水槽が・・・

さっきニュースを見ていたら 四国のどこかの県では、カメが冬眠せずいまだに甲羅干ししている様子がテレビで流れていた。地球温暖化のせいだろうか。でも冬眠せずにいたら子ガメなんかは淘汰されず、全て生き残ることになるだろう。いずれ、カメ(ミドリガメのみ)も駆除対象になるような気がする。真冬でも活動できるんだからエサもそれなりに、あるんだろうか。まぁ2ヶ月くらい食べなくても大きい個体なら生きられるんだろうけど。

さて、先日から私が欲しいと言っていた90水槽。ジャスト1万円のお品がとうとう売れてしまっていた。猫2段ケージもラスト1に。水槽が売れてしまっていたことが、かなりショックで今日は頭痛がする。みぃちゃん(夫)のバカ。

さて、プラ(魚)のサーモ付きヒーターの替えが欲しなと思っていたら またそのホームセンターで激安特価だったので買った。水槽もこの勢いで買えばよかった。みぃちゃんのバカ。



ちなみに使っているのはこれ。スリム水槽なので200wで十分だ。安く買えたので満足。



水槽がもうひとつ増えたら、何を飼おうかと思いを馳せていた。実はほしいお魚がいたのだけどね、やっぱり大きくなるみたいなので90水槽がほしいじゃないか。みぃちゃんのバカ。

魚用品購入
網@630
GEXコンパクトスリム200@1640
猫エサ購入
カルカンウィスカス他@112×8
モンプチ舌平目@×12個で400
焙煎香味かつお@×24で800
ウィスカス2.5kg@488×2
たまの伝説@178×6
犬エサ購入
ワンケア@300×3
うさぎエサ購入
高原キャベツ(ドライ)@174
合計@7444

スポンサーサイト

メンテしたよと網

プラネット(魚)の水槽をメンテナンスする日がやってきた。これでまともな食事がとれるし、キッチンの床じゅうに古布を敷きつめていなくてすむ。←見た目最悪だった。

さて、プラの水槽メンテ話の前に自慢したいことが1つ。前回、プラの移動が大変だって事は書いた。でも、みやしお家にはとっても重要なアイテムが仲間入りしたのでそんな苦労はもうノンノン!ですわ。それは網。思い起こせば、ずっと前

100均で大きい網を買って喜んでいたアタシ。そのとき既に寸足らずだったのに、あんなに喜んでいてお恥ずかしい。でもみつけちゃったの。もっとおおきい網、そして予算内の。



前の100均網と比べて、かなりいい感じだよ。縦20cm横30cmなので、プラも何とかギリで入る。

実際、水槽メンテの後 プラを移動した時のスムーズさに自分で驚き。動画とっておけばよかった思うほどの無駄のない人間の動き。いつも追い立てて追い立てて、プラを余計に興奮させて移動してたからさ・・・まぁ反省しなきゃいけないんだが。ま、水がまったくこぼれなかったので 人間にとってもプラにとっても最高なアイテムだったわけですよ。うふふふ



で、重要なメンテ話はもう書く気がなくなってしまったので 次回のメンテ時に余力があったら書こうと思う。



きれいな水槽でラララーなプラ。頑張った甲斐があった。


携帯用酸素

週末に行ったイベント 「瀬戸大橋祭り」 で、金魚すくいをやった。ワタシ1人で5匹もとった、エッヘン。もともと、金魚すくいにいる金魚たちは状態がよくない子が多い事が多い。白点や尾ぐされなどの病気を持っていることもしばしばだ。健康なコでも長時間の酸欠で数日後にはお星様になってしまう場合もある。でもこのお星様になる率を急激に下げてくれる秘密兵器が携帯用酸素だろう。この夏、幾度となく金魚すくいをした。白点のコもいたのであらかじめ薬浴してからの金魚水槽(45?)へ移動させた。にもかかわらず全てのコがお星様になってしまったのである。さすがに全部死んでしまったことには落ち込んだ。最初から奇形をもっているコもいたし弱いコから淘汰されていくのは仕方がないとはいえ・・・ね。

この状況を打破するのは、金魚すくい屋さんを見ることと携帯用酸素に尽きると思う。とりやすいからといって小さい金魚のいるところよりは少し大きめでも健康そうな金魚のいるお店を選ぼう。そしてブクブクの数も見るべし。金魚の数や船の大きさに比例してブクブクの数を設置していなければ酸欠状態だ。水面に口をパクパクさせているのは明らかな酸素不足だと思う。小さいポリ袋に入れられて家路につくまでに死んでしまう可能性が高い。それに+αとして携帯用酸素を持っていくべし。これで金魚の生存率が一気に高まる。

今回、この方法で大きめ健康状態良好のコを5匹すくった。そして携帯酸素を一粒投入。後、みぃちゃん(夫)の実家に寄ったので自宅に帰ったのは金魚すくいをしてから5時間後だ。金魚すくいをしたらもらえるあの小さいポリ袋に携帯酸素を入れるだけで、みんな元気なまま水槽に移すことができた。大成功だ。

我が家の川魚用水槽(60?)にいる魚や底モノ達を川から連れて帰ったときにも携帯用酸素の活躍がある。ありがたやー。

もう祭りのシーズンも金魚すくいも川遊びも終わりな季節だ。来年、魚を移動させる時はぜひこの携帯用酸素をいつも携帯していて欲しい。これでお魚さんたちの生存率が高まりますよ。

金魚



昨日は川へ水をとりに行ったよ。一昨日の雨のせいで濁流。いつもの川遊びはやめて野球をして遊びました。私は暑さにやられて休憩・・・。家に戻り、水量が足りなかった45?水槽に川水を足しました。昨日、水道水を大量に入れるという荒療治が功を奏したようで、金魚の白点病他はきれいに治ってました。ビックリ!1週間以上、天日干しをした底砂があったのでこちらと金魚の底砂を交換したのもよかったようです。我が家の金魚はそこそこの大きさはありますので病気にかかってすぐに★さまになってしまうということはないのですが、出目金はかなりの長患いだったので心配していました。りゅう金にいたっては白点は見られませんでしたが、ある日突然 エラから出血していて斜め泳ぎをし始めたのでもうダメかなとチラッと思いましたが、あきらめないでよかった。栄養価の高いエサを与えまた元気に泳いでほしいです。悠々と泳ぐ姿はカッコイイ。でもあれだけの菌の中で全く感染しなかった和金もいて・・・感心です。

ナマズ

息子(小2)が用水路でナマズをすくってきた。クソーくやしい。私だってすくいたい。でもこのナマズ、怪我をしている。左顔面に水カビが生えているからダメかもしれないな?と思いつつ、珍しいので水槽に入れて観察。ひとつ水槽を減らしたので金魚水槽か日淡水槽か入れる場所に悩む。色々な理由があって今回は金魚の方へ。入れたはいいけど泳ぎ方がぎこちないし、口をパクパクしている。とりあえず様子見で明日は用水路に帰そうと決めていた。





ところが翌日、ナマズを見ようと金魚水槽を観察していると・・・あわわ・・・出目金に水カビがうつってるよー。まぁわかってはいたんだけどこんなに早いとは。とりあえずメチレンブルーで薬浴させることに。



金魚は直るでしょうがナマズはどうかな??一日、薬浴させてその後は用水路へ帰しました。それにしてもナマズが用水路にいるとは。今度は元気なナマズを観察したいな。頼むよ、息子!
プロフィール

みやしお

Author:みやしお
生き物と過ごす毎日をつづっています。
猫7犬1ウサギ2鳥4亀魚虫他と
人間たちの家族です。

ブログ別館
″生き物だけじゃない人生″もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。